日蓮宗 本覚山 【妙泉寺】

日蓮宗 本覚山 【妙泉寺】

秋山自雲霊神大祭

毎年8月1日には大祭が行われ地元の夏祭りとして定着しております。

秋山自雲霊神大祭について

秋山自雲霊神(しゅうざんじうんれいじん)とは「秋山自雲居士(しゅうざんじうんこじ)」という摂津(現在の兵庫県)生まれの人物で、酒問屋で奉公をしていた人物です。その熱心な働きぶりが認められ、酒問屋を継ぎましたが、38歳の頃から悪質な痔病に悩まされ「自分の死後は痔病で苦しむ人々を救いたい。」と誓願され、45歳の若さで他界されました。

本堂内部

 以降は痔病だけでなく、様々な病を治癒する霊験あらたかな神として信仰されてきました。当山の境内にある「自雲堂」には下半身の病気、特に痔の病に霊験あらたかな秋山自雲居士が祀られております。
毎年8月1日には秋山自雲居士を偲ぶと共に、病で苦しむ人々の為、そして暑い夏を無事に乗り切られる様に「夏祭り」として、地域に定着して来ました。

山門


 毎年8月1日に開催し、夏祭りらしく種々の夜店も出店しますので、皆様の御参詣をお待ちしております。

  • 秋山自雲霊神大祭
  • 秋山自雲霊神大祭

ご参詣について

事前のお申し込みなどは特に必要はございません。どなたでも奮ってご参加ください。