日蓮宗 本覚山 【妙泉寺】

日蓮宗 本覚山 【妙泉寺】

水子供養

「水子供養」とは、この世に生まれるべくして生まれ得なかった小さな生命を水子慈母観音様の温かい心に託して冥福をお祈りすることによって、その功徳を戴くことです。

「水子供養」について

「水子供養」とは、この世に生まれるべくして生まれ得なかった小さな生命を水子慈母観音様の温かい心に託して冥福をお祈りすることによって、その功徳を戴くことです。

水子供養

よく「水子が祟る」とか云われますが、決して祟ることはありません、頼ってくることは大いにあります。その為当山では断じる為の御祈祷をして、追善供養を致しております。
供養することによって、今までの暗い気持ちを転じ、安穏な心になるものです。
妙泉寺では、宗旨宗派を問わずに水子供養を受け入れていますので、まずはお電話・お問い合わせフォームよりお尋ねください。

「水子供養」の流れ

電話もしくはインターネットでご予約
突然来られましてもお受けできない場合もあります。ご希望の日時を電話もしくはインターネットにてご予約ください。
ご持参ください
法要当日は、お花1束・お菓子・牛乳・超音波写真(お持ちの方のみ)をご持参ください。個別供養になりますので、人の目を気にすることなく、落ち着いて供養することができます。
ご供養
到着されましたら本堂正面よりお入り戴き、本堂にて子が頼ってくるのを断じる為の御祈祷と、塔婆を立てて追善供養を併せてさせて戴いております。ご供養には約30分ほどかかります。
ご供養後
終わりましたら、住職よりこれからの指針になるべきお話しをさせて戴きます。

供養料(お布施)について

金額は特に決まりはありませんが、およそ5,000円前後のご志納を戴いております。お布施は「のし袋」に入れてお持ちください。

宗派などについて

当寺は、宗旨 宗派を問わずに、水子供養を受け入れています。

住職からひとこと

供養後は一ヶ月に一回でも良いので、お参りすることをお勧めしています。その際にはお布施やお供え物等はいりません。水子慈母観音様の前でお線香を手向け、懺悔の気持ちをもって合掌して戴くことが大事です。