日蓮宗 本覚山 【妙泉寺】

日蓮宗 本覚山 【妙泉寺】

妙泉寺ブログ一覧

妙泉寺ブログのアーカイブになります。

戸守経

毎年恒例の【お火焚祭】も無事に修了し、当山でも「戸守経(とうぶりぎょう)」のお経回りが始まりました。
本年もまた副住職と手分けをして、檀家の皆様の家を一軒ずつお邪魔して、正月のお飾りつける戸守札(とうぶりふだ)
と日蓮宗暦を持参し、新しい年の年中安泰・家内安全をご祈念しております。

クジ引き景品

今日は御会式のクジ引きの準備をしました。
百種類の景品を袋に入れ、番号のタックシールを貼って用意しましたが、一つでも順番を間違えると混乱し、やり直しになります。ですので慎重に確認しながらしましたので、かなりの時間がかかりました。
当日は大勢の檀信徒の皆様にお参り頂けると嬉しいです。
一部の目玉景品は誰に当たるでしょうか?
因みに本年の目玉景品は・・・。

お火焚祭のポスター&チラシ

来月の行事である、お火焚祭のポスター&チラシをユニゾン様に依頼しましたら、本日出来上がりました。
全部お任せしましたら私の姿を使って下さり、ちょっと気恥ずかしいような気も致しましたが、素晴らしいのを作成して下さり、感謝感謝です。

備前閑谷学校

先日雨の中友人と二人で、備前閑谷学校へ行ってまいりましたが、有名な櫂の木も紅葉は
まだまだで、多分来月には色づいてくるのだと思います。
さてこの閑谷学校と備前焼が日本遺産として登録されたとのこと、歴史的にみると
江戸時代に池田光政によって創建された、庶民の学校ということで、多くの有名人を輩出
したとのこと、講堂は国宝の指定されていて、その他多くの国の重要文化財もありまさに
岡山の学問所といったところでしょうか。
今回雨と思いつきで来たもので、来月には一眼レフを持参して紅葉や建造物を撮りたいと
思います。

渡辺家の碑と摩利支天

一昨日近所にあります、渡辺家の碑の供養祭並びに摩利支天の御祈祷を合わせて厳修してまいりました。
当地では渡辺家・吉田家・木村家と御三家あり、その中の渡辺家は古くから摩利支天と碑を祀っており、春と秋の二回には30軒あまりの各家の皆さんが寄って、お経をあげております。
昔は当番のお家で食事をつくり寄ってきた皆さんに振る舞ったとのこと、現在ではおつまみとお菓子程度で和気藹々とお話に興じておられます。
願わくば渡辺各家の先祖代々の菩提と、家内安全身体健全をお祈り申し上げます。
南無妙法蓮華経

ドローン撮影

一昨日昨日とドローンの空撮と、ビデオカメラによる撮影を、ユニゾン社長様にして戴きました。
これを編集し、近々アップして戴く予定です。

御会式ポスター&チラシ

御会式のポスター&チラシをユニゾン社長様に依頼したのが、一昨日のことで
昨日出来上がりラインで送って戴きました。
写真を基調とした素晴らしいチラシが出来上がり、ポスターとしても使用する
こととしました。
早速ポスター100枚・チラシ300枚を依頼してもらい、この月末には届く予定です。

水子のお参り

本日朝のお勤めで外でお賽銭箱に投入する音が聞こえ、何かしら願掛けいやお願いをしている
のだろうと思い、心眼満足心願成就の御祈祷も併せてさせて戴きました。
勤行も終わり、本堂正面の賽銭箱下に生花と子供用のお菓子が置いてありましたので、水子供養
の為とわかり、改めて供養のお経もあげておきましたが、この世に生まれ得なかった子供に対し
ての懺悔の気持ちで来られたのは如実にわかります。

岡山各地から水子供養に来られる方は、それぞれに悩み苦しみも持って来られます。何かしら
気持ちも解いてあげたいと思い、始める前に色々と話を聞いてあげ、そして御祈祷と供養の
お経あげますと、すっきりとした気持ちになると言われました。
ところがあるカップルから、ただすっきりとした気持ちではいけない、懺悔の気持ちも持っておきたいので月一で参らせて欲しいとのこと、このことがきっかけで今では多くの女性、或いはカップルが参ってこられています。

願わくば子供が欲しい方たちには、元気で可愛い子供を今度こそ産んで欲しい気持ちでいっぱいです。

フォトコンテスト特選

日蓮宗新聞では毎年、写真コンテストが開催されております。本年は「ありがとう!~合掌」をテーマに、暮らしの中で見つけた感謝を表現した写真が全国各地から、東京の日蓮宗新聞社に送られて来ました。
そしてなんと、今回「特選(最優秀賞)」に当山檀信徒の河口毅様が撮影された写真が選ばれました。
本年2月3日の節分祭におきまして、檀信徒の小郷猛様が妙泉寺婦人部の副部長4名に裃を着せてもらう様子で、タイトルは「今日は晴れ舞台」
今回、審査をされた東京都正行院住職の金子隆一上人によりますと「晴れ舞台に向かう方を見事に切り取りました。構図、ピント、露出、プリントの仕方の総てがしっかりした作品です。主人公の眼差しに、周囲への感謝と仏に向き合う前の緊張を感じさせます。」
河口毅様をはじめ、モデルになられた檀家様、副部長の4人様、おめでとうございます。
写真コンテストの記事が掲載された「日蓮宗新聞」を希望されます方は当山までご連絡下さい。
 
by副住職

こぞうくん

日蓮宗のゆるキャラ「こぞうくん」を購入し、山門脇に設置いたしました。
丁度お盆真っ最中でもありお墓参りに来られた方、その後の施餓鬼法要にお参りに来られた方たちも眼をひき、そしてお寺に少しでも興味をもってくれたらの思いをもって設置いたしました。

1 2 3 6